OFFICIAL BLOG

話題の車両盗難「リレーアタック」を防ぐ方法

リレーアタックに強いセキュリティ

最近取り上げられているリレーアタックによる盗難

 

このリレーアタックとは?

スマートキーの電波を特殊な機械で増幅させて盗難する方法

簡単に説明するとこの絵の感じ

スマートキーであるからこその弱点

スマートキーの電波を増幅させて、
あたかもオーナー自身が操作しているかの様にして簡単に盗んでしまう方法

所謂【なりすまし】です。

 

上の図でたとえるなら、

あなたは、買い物に行った先の駐車場に車を止めます。

買い物をしている最中に、あなたのそばにいる【窃盗犯B】が、

あなたが持つ車のスマートキーの電波をコピーして、駐車場にいる仲間の【窃盗犯A】に送ります。

その電波を使って、仲間の【窃盗犯A】はあなたの車を難なく動かして盗んでいってしまうのです。

 

便利な機能が仇となり、驚くほど簡単に車は盗まれてしまうと言う現実

残念ながら知らない方が多いのです。。。

 

 

では、どうすれば良いのか?

そこで登場するのは、スマートキーとは関係なく別系統で作動する防犯システム

当店でお勧めしているセキュリティはリモコンタイプの双方向モデル

 

今回施工させて頂いたのはレクサスNX

こちらのスマートキーも簡単にやられてしまいます。

 

これならば例えリレーアタックで純正の盗難防止装置が解除されても純正とは切り離して防御出来るので防犯対策には1番です。

こちらのリモコンでドアを閉めたり開けたりも出来ますが、せっかく純正されている純正も使いましょう。

セキュリティはセキュリティとして使う事で通常の防犯対策としては2重のガードになります。

ただしリレーアタックには純正スマートキーは、ほとんど無意味なので

それ以外の盗難対策の予備程度ではあります。

 

皆さん、ホームセキュリティは鍵かけてから操作しますよね!

車も同じ事をすれば防犯対策としては非常に高くなるんです。

リモコンを押すだけの手間ですが、ぐっと上がる安心

当店ではお勧めいたします。せっかくの愛車のための防犯です。

より効果を高めるこの施工、検討してみませんか?

盗まれないためのセキュリティは、これで決まりですね。

 

今回はちょっとセキュリティの施工を軽くご紹介しましょう。

車両の信号が集まる所から書く信号を取り出します。

それに従いセキュリティの配線準備をしていきます。

こちらは各種信号を受け取ったりコントロールするための配線

ですが、車により使わない配線も多数あるので使用しない配線は抜いていきます。

必要な配線だけになり、すっきりします。今度は逆に足りない配線を足していきます。

近年の車はドアが開いたよっていうのが、メーター内に個別に出たり

複数有る事がほとんどなので、ドアの枚数分センサーの線を分岐して信号が取れるようにしていきます。

他の配線も使用に合わせて加工

写真を見て分かりますか?配線の被覆はワイヤーストリッパーで引っ張るのでは無く

皮膜をカッターでカットして芯線にダメージを与えない様にします。

これは、車両側も同じ事です。最近の車両は皮膜も薄く硬いため、この様にしないとダメージを与えてしまいます。

数百万出して購入された大切な愛車ですから、この様な細かな作業は必須です。

しっかりハンダで接続

接続後はしっかり絶縁対策をしていきます。この様な作業を積み重ねセキュリティは施工されていきます。

信頼出来る商品もこの様な細かな事で完成へと向かいます。

いかがでしょうか?当店のセキュリティへの施工

安心安全に使って頂く為の施工です。

 

 

関連記事

OFFICIAL BLOG

Grgo
cerwin vega
ESX CAR AUDIO SYSTEM
AD DESIGNS
HERTZ
audison
AURIX




ページ上部へ戻る